状態のいいアートな本が並ぶクラリスブックス

下北沢駅から北口から歩いて5分のところにあるのがクラリスブックス(CLARISBOOKS)です。クラリスブックスはビルの2階にあり、1階はギャラリーハナ下北沢というアートギャラリー、3階はNABE’S STOREというアーティストが作った1点もの服などを購入することができるお店が入っています。

クラリスブックスさんも文芸書よりもアートなどを中心とした本が並ぶ古本屋さんなので、ビル全体がアートで統一されている形です。

クラリスブックスの入口はビルの正面ではなく側面。「本」という文字が書かれた手作り看板の方へ進んでいくと2階、3階へと続く階段があります。階段部分は何となく雑然としていて「入っていいのかな?」という雰囲気もありますが、上がっていくと階段の途中から本が並んでいます。

状態がいい本が多いクラリスブックス

クラリスブックスさんの本棚に並んでいるジャンルは、アートやデザイン、建築、暮らしなどが多い様に感じました。古本屋さんに多い文学などのジャンルはほとんどなかったように思います。

並んでいる雑誌や本は状態が良く、折れ目が付いていたり、傷んだ本というものはなかったです。値付けも比較的新書に近い価格のものから半値ぐらいのものまであり、とても良心的な価格設定でした。(あくまでも自分が手に取った本はですが・・・)
加えて、店外の階段部分に置かれている本はセール品のようで格安本ばかり。この価格設定で営業していけるんだろうかと思ってしまうほどです。

細長いビル同様に店内も細長いですが、本に埋もれるほど本が並んでいるわけではなく、程良い量で見やすかったです。

自分が足を運んだときは店主さんともう一人男の人が本の話をしたり、そこから映画の話をしたりと、ピンポイントな趣味の話?で盛り上がっていました。何となくですが、地方から来た自分から見た下北沢だな〜〜という雰囲気そのものでした。笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)