古本市でキャッシュレス決済を導入するか?

クラフトフェアに行くとキャッシュレス決済会社の加盟店ステッカーやPOPを見る機会が増えました。ガラス、陶器、木工など作家さんの作品は一品ずつが高価なケースがあるため、現金を持ってなくてもほしい!という要望に応えることができます。

古本市に来てくださる方のほとんどが現金を持ってみえますが、屋外で行われるイベントでキャッシュレス決済が増えていく中で、古本市でもキャッシュレス決済を導入した方がいいのかな?と考える機会が増えました。

クレジットカード決済

キャッシュレス決済で以前まで最も使われていたのがクレジットカード決済です。

  • Square
  • AirPay

クレジットカード決済ができるサービスはSquare、AirPayが中心で他にも楽天ペイなどもあります。個人事業主や職人さんの間で一番最初に広がったのがSquareだったように思います。Squareはスマートフォンに小型のカードリーダーを接続してクレジットカード決済を行うサービスで、カードリーダーも安くて小さいのが特徴です。

Squareはクレジットカード決済専用ですが、AirPayはクレジットカードの他に、電子マネー(Suicaなど)やバーコード・QRコード決済(ApplePay、QuickPayなど)もできる優れものです。AirPayはSquareに比べてカードリーダーが大きいですが、Squareと同じようにスマートフォンやタブレット端末でキャッシュレス決済ができます。

いろいろなお店を歩き回ると、感覚的にAirPayは実店舗があるお店が採用していて、Squareはお店を持たない個人事業主を中心とした個人が使っている印象です。

コード決済

最近増えてきたのがスマホ決済アプリ(コード決済)です。

  • Origami Pay
  • PayPay
  • LINE Pay

Origami Pay、PayPay、LINE Payの他にも、Amazon Pay、PAY ID、d払い、au Pay、ゆうちょ Payなどのサービスが開始され、現在も増え続けています。決済手順はさまざまですが、お客さんのスマートフォンアプリでお店のPOPにあるQRコードを読み込んでもらい、操作することで決済が可能です。

クレジットカード決済に比べてカードリーダーが必要なく、店主さん側も持っているスマートフォン1つで決済できてしまうのがメリットです。デメリットとして、お客さん側に多くの操作が求められる点があります。

コード決済は元々は中国で普及した決済方法で、日本に比べてお金の信用度が低いこと(偽造が多い)、決済会社の広告の上手さ、加盟店の増加など、多くの理由が重なりシェアを伸ばした決済方法です。中国ではアリペイ、WeChatペイなどを中心に4つくらいのコード決済サービスを使っていれば困ることはないと言われていますので、日本のコード決済サービスも今後、統廃合が行われて整理されていくと思われます。

MEMO
中国ではコード決済から次のステージへ
中国ではコード決済が駐車違反の反則金支払いにも使われるほど一般化していますが、コード決済犯罪も増えています。お店のQRコードに自分のQRコードを貼り、お客さんがお店に支払うお金を送金させたり、他人のQRコードを自分のスマートフォンのカメラで読み取り送金させる方法などです。
気軽にキャッシュレス決済ができることが逆に犯罪にも利用しやすいという問題が潜んでいます。中国ではコード決済から各個人のスマートフォン内で決済が完結できる、よりセキュリティの高い方法へとシフトしていくようです。

悩ましいのが決済手数料

キャッシュレス決済を使用すると決済手数料が必要になります。決済手数料は各サービス会社により異なりますが、決済金額の3%から4%としているところが多いように思います。サービス開始直後や加盟直後は決済手数料無料などのキャンペーンを行っていることもあります。

決済サービスを使わせてもらうことから決済手数料は支払う必要がありますが決して安くはありません。

古本市で売れる古本の金額や量が限られている中で、交通費や出店料に加えて決済手数料を支払えるのかというのが最大の問題です。個人の楽しみとしての古本市。自分が読んでよかった本を次の人にオススメしたい!そんな思いから出店を決めた方が多いと思いますが、出費は極力抑えたい。でもお客さんに手にとってもらえる機会が増えるなら・・・。悩ましい問題です。

煩わしい手間も障壁の1つ

古本市は数少ない高額な商品をお客さんが購入するというよりも、並んでいる本をたくさんのお客さんに手にとって楽しんでもらう側面が大きいように思っています。自分が古本市に出店するときは、昔ながらの八百屋さんではないですが「○○○円になります!」、「お釣り○○円ね〜」のような数百円のやり取りがほとんどです。出店者さん側は小銭も準備していますしお金のやり取りは数秒で終わります。

クレジットカード決済やコード決済の場合は、スマートフォンを取り出して決済準備をしたり、お客さん自身にスマートフォンを出していただいて金額を入力してもらったりと、煩わしい手間で時間が取れられてしまうのが最大の難点とも思っています。
決済に手間を取られていると、他のお客さんが本の購入をやめてしまったり、お客さんを信じていないわけではありませんが、本を盗まれてしまう恐れも出てきてしまいます。

自分としては、古本市で持ち歩く現金はなるべく減らしたいけれど、キャッシュレス決済に踏み込めないでいるのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)